昔の洗濯機もスゴイ!全自動洗濯乾燥機になるまでの偉大な歴史

昔の洗濯機もスゴイ!全自動洗濯乾燥機になるまでの偉大な歴史

洗濯と言えば洗濯機。もはや手で洗うなんてことはありません。

人類史が始まって以来洗濯も進化してきましたが、もう洗濯機が最終形と考えて間違いなさそうです。

しかしその洗濯機にもまた長い歴史があるのです。昔の洗濯機をいろいろと調べてみましたよ。

スポンサーリンク
mhx_336x280

洗濯機の長い歴史

洗濯の歴史は古代ローマ時代までさかのぼれます。それまでの手作業の重労働から解放されるべく機械化を進めたのが洗濯機の歴史となります。

初期の頃は洗濯をするたらいなどを回す技術が考えられたようで、電気のない時代は手動。蒸気やガソリンエンジンを使う方法もあったようです。

洗濯機の長い歴史

昔の手回し洗濯機?

イギリスでは脱水機も?

イギリスでは1691年に初の洗濯機および脱水機に類する特許が成立しているとのこと。1752年にはイギリスの雑誌に初期の洗濯機の絵が掲載されている記録があります。

ドイツでは1767年、アメリカでは1797年に記録があるようですね。そこから考えると洗濯機にはおよそ300年以上の歴史があるってことですね。

1860年絞り機の特許

これは1860年の特許らしい

でもこの頃の脱水機はまだ手動。手絞り機または手で回す脱水機だったみたいです。

昔の脱水機

こんなのかな?

遠心式のものも1873年には特許の記録がありました。

遠心式手動脱水機

野菜の水を切るやつみたいなのかな?

しかし、さらに調べてみると、1903年に洗濯と脱水ができるいわゆる1槽式が特許を取ってあるみたいです。

1槽式の昔の洗濯機

これはどうなってるん?

回転による脱水の発明

現在でもつかわれている回転式の脱水方法は、電動式になってから一般的になりました。

昔の洗濯機電動式特許

電動式です!

アメリカでは1930年代に電気が普及し始め、1940年代には電気の通っている家の60%は洗濯機を所有していたようです。

その後洗濯から脱水までを通して行える全自動洗濯機が1950年頃から普及していきました。

ヨーロッパでは普及が遅かった?

第二次世界大戦があったためヨーロッパ各地では1950年代まで電気洗濯機は一般化しなかったようです。

その後1960年代には2槽式、1970年代に全自動が広がっていきました。

ヨーロッパの洗濯機

横型のドラム式ですね

日本の洗濯機の歴史

日本に洗濯機が登場するのは1928年。アメリカ製の輸入販売が最初です。

その後1930年に国産第一号は発売され。1953年に発売された噴流式洗濯機が低価格だったので一般にも普及したようです。

攪拌式 ソーラーA型

国産第一号 攪拌式 ソーラーA型

二槽式洗濯機の時代

1960年代はまだ脱水はゴムローラーを使っていました。結構な重労働だったようです。うん、考えたくもないですねw。

そこから1966年頃に二槽式洗濯機が登場。洗濯と脱水に分かれているタイプです。

二槽式洗濯機

二槽式洗濯機は今でも現役!

これにより脱水の作業がとても楽になりました。が、いちいち移し替えるのもまた主婦にとっては重労働なんです!

全自動洗濯機時代の到来

そこでついに登場したのが全自動洗濯機!洗濯すすぎ脱水まで全部やってくれます。

もうこれ以上はないでしょー。

全自動洗濯機

また1槽式に戻ったw

と思っていると・・・。干すのがめんどくさいとの声www。どこまでグータラなんですか!

まぁそうは言ってもこの時代まで来ると、女性の社会進出も目立ってきますし、一概に主婦のためってだけじゃなくなったんですよね。

高い離婚率もあいまって、働く女性が増えたワケ。そうなると忙しいのよ。洗濯とか簡単にしたいのよ!

洗濯の最終形!全自動洗濯乾燥機は主婦に限らず全人類を救う救世主!?

ついに出ました!全自動洗濯乾燥機の登場です。洗濯ものを放り込んでボタン押すだけの簡単なお仕事です。

全自動洗濯乾燥機

これが人類の到達点!

それまでにも乾燥機は単独で存在していましたが、洗濯乾燥機はそれすら組み込まれている一体型。もはや死角はございません!

そしてこれが人類の洗濯の歴史の到達点ということになります。

これによって洗濯の時間が大幅に削減。主婦も助かり機嫌も良くなるというワケ。めでたしめでたしw。

Rating: 5.0. From 2 votes.
Please wait...
スポンサーリンク
mhx_336x280
mhx_336x280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする